船橋市夏見台 おおわだ歯科医院 保育士のいる歯科医院 一般歯科もOKです
◆ 質問内容 ◆
Q.喫煙と歯周病
タバコは歯周病の最大の危険因子です。喫煙本数が多いほど、喫煙年齢が若いほど歯周病は重症化しやすくなります。
タバコを吸うことにより
(1)口の中が汚れやすくなる(歯石がつきやすくなる)
(2)歯周病の症状を隠す(症状が悪化しても気がつかない)
(3)体の免疫機能の低下。血管が細くなり体を守る細胞が歯ぐきに届きにくくなる
これらの結果、歯周病菌が繁殖しやすくなり、歯ぐきのまわりの骨が壊され、歯周病は悪化します。

タバコは周囲の人の健康も害します。他人が吸ったタバコの煙を吸わされることを受動喫煙といいます。この煙はフィルターを通さず、燃焼温度が低いため発ガン物質や有害物質を多く含みます。

また妊婦さんの喫煙はニコチンにより血管収縮、血流の減少が起こり胎児に対して低体重児出産等のリスクを高くします。

喫煙者で歯周病にかかった患者さんの歯周病治療は治療が効きにくく、再発しやすい傾向にあります。
禁煙は歯周病治療の第一歩です。
ぜひ禁煙にチャレンジしましょう!
愛煙家の方々には頭の痛くなる話でした・・・m(._.)m。