船橋市夏見台 おおわだ歯科医院 保育士のいる歯科医院 一般歯科もOKです
◆ 質問内容 ◆
Q.糖尿病と歯周病は関連があるって本当ですか?
現在日本人の20人に1人が糖尿病です。

通常私たちの血液中のブドウ糖の量(血糖値)はすい臓で作られるインスリンというホルモンで調節されています。
糖尿病とはインスリンが分泌されずに食物から摂取されたブドウ糖が体内で有効に使われないために血液中にブドウ糖が増加する病気です。

糖尿病がコントロールされていない患者さんには以下のようなお口の中の症状が見られます。

1)傷の治りが遅い。

2)唾液の分泌量が減り、口が渇く。唾液の量が減ると歯垢や歯石の量が増加し、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

3)歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に糖が増加し、歯周病菌、虫歯の菌の栄養となる。

4)体内の微生物と戦う機能が極度に弱くなるため、歯周病菌に対して抵抗力がなくなる。

歯周病があると糖尿病を悪くさせることが分かってきました。歯周病をきちんと治療をすると血糖値が下がり糖尿病が改善されるといったことも報告されています。

糖尿病はほうっておくと網膜症や腎臓病などさまざまな病気を誘発するとてもおそろしい病気です。遺伝的な要素もありますが、食べすぎや飲みすぎ、運動不足などが原因の生活習慣病です。暴飲暴食に注意し、適度な運動を心がけ、そして毎食後の歯磨きをしっかりしましょう。