船橋市夏見台 おおわだ歯科医院 保育士のいる歯科医院 一般歯科もOKです
◆ 質問内容 ◆
Q.おしゃぶりはいつまでにやめさせたら良いのでしょうか?
おしゃぶりを長時間または長期に渡って使用したために、あごの骨の変形・歯並びや発音の異常・噛む機能の低下、といった症状が生じることが分かってきました。

骨が柔らかく、機能もまだ確立していない成長の最も著しい乳幼児期に、おしゃぶりが一種の矯正装置として働いてしまい、瞬く間にあごの骨が変形し、歯並びを悪化させ、さらには舌や唇などの軟組織まで変形させてしまいます。
これらの変化は場合により矯正治療をしても本来成長すべきあった美しい顔貌に戻すことは困難となります。

おしゃぶりのパッケージには「あごや歯の発育を促す」、「鼻呼吸を促す」などとプラスの効果があるように書いてありますが医学的根拠はないようです。

・おしゃぶりの使用時間を短くしましょう。
・なるべく早くおしゃぶり離れができるようにしましょう。
・おしゃぶり以外にも指や爪を噛む癖も同様な症状が生じる可能性がありますので注意しましょう。